嶺北(れいほく)は末広がり

Entries

四国の水瓶「早明浦ダム」がある高知県嶺北(れいほく)地域で、地域になくてはならない会社を創ります。

  • <<  巨峰園
  • >>  林のヤモリ

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

  • 2011.08
  • 16

Edit809

タイトルの本を読んでみました。


稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
(2010/12/02)
亀田 潤一郎

商品詳細を見る



お札を折らないほうがいいという、演技担ぎから長財布を
使うようになりましたが、深い意味で知りたかったので、
この本を購入してみたわけです。


結論からいうと、稼いでいる・結果を出している経営者は、
お金にこだわりを持っている、お金をながいしろにしないから、
高い水準のお金を引き寄せることができるということ。


その中にでも、著者が考えた色んな法則があるのですが、
長財布をお尻のポケットに入れる。
→お金が尻にしかれる。
財布の中に、名刺を入れる。
→お金でうっすら汚れた名刺を渡す自体、相手に失礼。


私は当たりまえのようにやっていたことなので、
ちょっと衝撃を受けてしまいました。
お金にとって心地よい状態を作らないということらしい。
他にもおもしろい内容がありましたが、ネタバレになるのでこのへんで。



私の財布もだいぶ使い込んでいますので、
この際新しいのに替えちゃいましょうか(笑)
形から入るのは、得意なので。



高知県ブログランキングに参加してます。
記事の内容がおもしろかったら、下のボタンを押して下さい。

人気ブログランキングへ

携帯からコチラを押して下さい。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

top

リグレッタ八木

subjectなるほど

へええ・・・

タイトルだけ本のイメージで見ていましたから(悪い癖)、
あまり関心を持っていませんでしたが、こうレビューを
読ませていただくと、読んでみたくなるから不思議です。

でも本って、どんな視点からでも書けるんだなって
感心しちゃいますよね。ものの見方を変えようっと・・・

三代目 若

subject

フムフムいい事です^-^
僕もずっと長財布で、お尻には敷きません。。。
そうすると長持ちもしますもね♪

きれいな財布のお金持ちは見た事ありますが、
汚い財布のお金持ちは見た事ありません~

マスオ

subject>リグレッタ八木さん

本のタイトルが結論の本が多いですが、
私は「なぜ◯◯なのか?」的な本をつい購入しちゃいます。


この本は、私にとって目から鱗の内容でした。
さっそく真似てみます。

マスオ

subject>三代目 若さん

いい本でした。


きちんと考えると、お金から嫌われることを
けっこうしていたわけで・・・
勉強になりました。


長財布を持ち歩くのに、どうしたらいいのわからんくって、
後ろのポケットに入れてのです。
スーツの時はいいとして、私服の時はどうやって
長財布を持ち歩いている?

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://suehiromasuo.blog44.fc2.com/tb.php/809-563e9dd3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  巨峰園
  • >>  林のヤモリ

株式会社末広のfacebookページ

マスオのつぶやき

プロフィール

末広マスオ

Author:末広マスオ
四国の水瓶「早明浦ダム」がある高知県土佐郡土佐町で株式会社末広(末広ショッピングセンター)の次期経営者を目指す、38歳の見習い後継者です。

香川県高松市出身ですが、ひょんなことから高知県土佐町へ移住。サラリーマンをちょうど10年で卒業し、現在の仕事に転職。仕事の楽しさ・やりがいを実感しています。スーパーという小売業がメインですが、製造業や地域おこしにも非常に関心を持っています。

仕事ネタを中心に、地元嶺北(れいほく)の地域紹介、
あとは、食ネタなどを書いています。

最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • 仕事(517)
  • 地域(43)
  • 子育て(59)
  • 会(111)
  • 飲み食い(181)
  • 独り言(241)
  • 読書(67)
  • 趣味(3)
  • その他(39)

ブログランキング

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
  • pagetop
Copyright © 末広マスオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。