嶺北(れいほく)は末広がり

Entries

四国の水瓶「早明浦ダム」がある高知県嶺北(れいほく)地域で、地域になくてはならない会社を創ります。

  • <<  酒の帝王 高岡店
  • >>  酒類販売管理研修

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今治へ

  • 2010.01
  • 17

Edit341

四国SMG商品部会のため、今治へ。


途中、今治の農協が出店している直売所
さいさいきて屋」を見学。
とにかく青果と惣菜が安く、品揃えも豊富で多くのお客さんが訪れていた。


そこにある食堂で腹ごしらえ。
セルフ方式で、好きなものお盆に乗せていく。
2010011611590000.jpg
気がつけば、がっつりの昼食に。
しめて、760円也。
高くなってしまった・・・



その後は3店舗ほど、今治にあるスーパーを視察。
その中で岡山を中心に出店している、
某ディスカウントストアを見たが、安さが半端じゃない。
そのディスカウントストアが持つPBの品質が、
いいか悪いかはまでわからなかったが、価格競争がただでさえ激しいのに、
あのような店が来たら、ひとたまりもない。


会を終え、新年会に。
そこで初めて、ひれ酒たるものを飲む。
2010011618310000.jpg


ひれ酒とは?
 ひれ酒(ひれざけ)は、日本酒の飲み方のひとつ。
 食用魚の鰭(ひれ)をあぶり焼いて、燗酒にいれたものである。
 フグのひれ酒が代表的である。最初に切り落とした鰭を強火で焦がしめにあぶり、
 コップなどにいれ、これに熱燗の酒を注ぐ。
 ふたなどをして鰭の香味が酒にうつるのを待って飲む。
 掻き混ぜても琥珀色に透き通るのが特徴であるとされる。
 酒に火を点じてから飲むむきもある。
 かつて三増酒のような品質の悪い日本酒が幅を利かせていた時代、
 鰭は「二級酒を特級酒に変えてくれる」と評され、
 安い酒を美味しく飲む手段として定着した。
 日本酒の品質が向上した現在でも、
 ひれ酒は独特のコクと風味で根強い人気を持つ。

 (インターネットより引用)




味は・・・



正直、私の好みじゃない。



普通の熱燗のほうがいいね。

スポンサーサイト

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

top

URL
http://suehiromasuo.blog44.fc2.com/tb.php/341-943b9b61
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  酒の帝王 高岡店
  • >>  酒類販売管理研修

株式会社末広のfacebookページ

マスオのつぶやき

プロフィール

末広マスオ

Author:末広マスオ
四国の水瓶「早明浦ダム」がある高知県土佐郡土佐町で株式会社末広(末広ショッピングセンター)の次期経営者を目指す、38歳の見習い後継者です。

香川県高松市出身ですが、ひょんなことから高知県土佐町へ移住。サラリーマンをちょうど10年で卒業し、現在の仕事に転職。仕事の楽しさ・やりがいを実感しています。スーパーという小売業がメインですが、製造業や地域おこしにも非常に関心を持っています。

仕事ネタを中心に、地元嶺北(れいほく)の地域紹介、
あとは、食ネタなどを書いています。

最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • 仕事(517)
  • 地域(43)
  • 子育て(59)
  • 会(111)
  • 飲み食い(181)
  • 独り言(241)
  • 読書(67)
  • 趣味(3)
  • その他(39)

ブログランキング

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
  • pagetop
Copyright © 末広マスオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。