FC2ブログ

嶺北(れいほく)は末広がり

Entries

Tag : 共育講座

同友会共育講座第三回目に参加。
(前回第二回目の様子はコチラ。)


RIMG0828.jpg
人・みらい研究所の筒井典子さんに、
「自分を知り、成長させる交流分析 人生態度」
というテーマで講演をしてもらいました。


1.自己肯定、他者肯定
2.自己否定、他者肯定
3.自己肯定、他者否定
4.自己否定、他者否定

という4つの立場に分け、
自分がどの立場にいるか分析するというもの。
それをOKという言葉を使い、更にわかりやすく。
OKである=肯定的
OKでない=否定的ということ。


ちなみに私は、1の立場にいることが多いよう。
時によっては、2にも3にも4にもなるようですが・・・(汗)


1に近づくほど豊かな人生が送れるので、
1の立場で行動できるように努力することが大事であると。


自己を分析するのが大切ではなくて、
その分析した結果をもとに、
自分を変えようすることが大事ですね。
先生も言ってたように、過去と他人は変えられないのですから。



高知県ブログランキングに参加してます。
記事の内容がおもしろかったら、下のボタンを押して下さい。

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



高知県中小企業家同友会が主催する、共育講座に参加。


今回で第二回目になるのだが、
初回は弊社経営計画発表会のため、
出席できませんでした。
よって、今回が初参加。


初回は自己紹介やら懇親会やらがあったので、
他社の社員同士だいぶ打ち溶けてるのでは予想できるが、
それに参加できなかったのは、少々痛いと思っていた。


今回は株式会社わもんの先生を迎え、
話を聞くことをテーマに考え、議論するという内容。
RIMG0712.jpg


当社員も三名参加しており、一生懸命話を聞いてます。
RIMG0714.jpg
RIMG0715.jpg
この中から、当社員を探せたら、あなたはかなりの末広通です(笑)
(↑どんな通なんでしょ?)


相手の話を否定せず、ひたすら聞くことによって、
相手の中で潜在意識が芽生え、自ずと解決方法が見つかる。
相手に意見を言いたくなったときは、奥歯を噛みしめ、グッと我慢しよう。
要約するとこんな内容。


話を聞きながら思ったのは、
「俺はよう我慢できんき。」
「そっちの方がストレス溜まりそうちや。」
「やっぱり自分の意見を伝えんと。」



そう思ったのは、私だけじゃないはず。
経営者連中は特にね。



高知県ブログランキングに参加してます。
記事の内容がおもしろかったら、下のボタンを押して下さい。

人気ブログランキングへ





共育講座

  • 2010.06
  • 07

Edit423

仕事をちょっと早めに切り上げ、同友会の打合せに参加。


RIMG0431.jpg
junjunもシラフの時は真剣です(笑)


会の内容は、共育講座の方向性や具体的な内容を決めるもの。
RIMG0432.jpg



同友会は、主に経営者を対象とした、学びや交流の場が多いが、
この共育講座社員と一緒に勉強しようというもの
今まで、同友会の多くは、私個人での参加でしたが、
今年から当社も初めてエントリーしてみました。


当社からは3名参加する予定で、主な参加目的は
 ・将来、右腕もしくは左腕となる幹部に育てたい。
 ・外に出ることにより、刺激となり、やる気を起こさせたい。
 ・他社との交流を深めて欲しい。



というのを、掲げてますが、初めての取り組みなので、
どうなることでしょう。
自分の時間を使って、自己を磨く・高めるために参加するので、
何かしら持って帰るものがあればいいね!


株式会社末広のfacebookページ

マスオのつぶやき

プロフィール

末広マスオ

Author:末広マスオ
四国の水瓶「早明浦ダム」がある高知県土佐郡土佐町で株式会社末広(末広ショッピングセンター)の次期経営者を目指す、38歳の見習い後継者です。

香川県高松市出身ですが、ひょんなことから高知県土佐町へ移住。サラリーマンをちょうど10年で卒業し、現在の仕事に転職。仕事の楽しさ・やりがいを実感しています。スーパーという小売業がメインですが、製造業や地域おこしにも非常に関心を持っています。

仕事ネタを中心に、地元嶺北(れいほく)の地域紹介、
あとは、食ネタなどを書いています。

最近の記事+コメント

カテゴリ展開メニュー

  • 仕事(517)
  • 地域(43)
  • 子育て(59)
  • 会(111)
  • 飲み食い(181)
  • 独り言(241)
  • 読書(67)
  • 趣味(3)
  • その他(39)

ブログランキング

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード
  • pagetop
Copyright © 末広マスオ